社団法人日本耳鼻咽喉科学会東京都地方部会例会
第173回学術講演会


*ご出席の皆様へ
 学術講演会参加票は、ご署名の折に手渡し提出となります。受付は終了 1 時間前とさせていただきます。



一般演題

第儀押14:00〜14:50)
座長 小林 一女(昭和大学)

  1. 当院における小児日帰り中耳ドレーン挿入術について
      
    小崎 寛子(国立印刷局東京病院)
  2. 中耳カルチノイドの 1 例
      
    清川 佑介、野口 佳裕、伊藤  卓、喜多村 健(東京医科歯科大学耳鼻咽喉科)
  3. 中耳奇形の手術前後の 3 次元画像診断と伝音再建に使用した TORP による聴力改善
      
    佐々木優子、志村 文代、松島 康二、安田真美子、村松 弘明、枝松 秀雄 (東邦大学第一耳鼻咽喉科)
  4. 超音波ネブライザーにおける逆流防止弁の検討
      
    持木 茂樹、大木 幹文、山口 宗太、大久保はるか、大越 俊夫 (東邦大学医療センター大橋病院)

第況押14:50〜15:40)
座長 金井 憲一(昭和大学)

  1. 炎症細胞浸潤からみた慢性副鼻腔炎の病態の変遷
       
    古田 厚子、許  芳行、渡邊  荘、洲崎 春海(昭和大学耳鼻咽喉科)
  2. ナビゲーション手術が有用であった末端肥大症患者の前頭洞炎鼻石の一症例
       
    大前 祥子、瀬戸  陽、山本 賢史、白坂 悦子、八十島唯幸、枝松 秀雄 (東邦大学第一耳鼻咽喉科)
  3. 上顎洞に発生した髄外形質細胞腫の 1 例
       
    望月優一郎、稲垣 幹矢、渡瀬 文貴、金井 憲一、工藤 睦男、洲崎 春海(昭和大学耳鼻咽喉科)
  4. 眼窩蜂巣織炎を合併した限局型 Wegener 肉芽腫症の 1 例
       
    稲垣 幹矢、洲崎 春海(昭和大学耳鼻咽喉科)

    休   憩(10分)

第祁押15:50〜16:40)
座長 杉尾雄一郎(昭和大学)

  1. 気管切開を要した急性喉頭蓋炎症例の検討
       
    海山 智九、西屋 圭子、奥野敬一郎(財団法人東京都保健医療公社荏原病院耳鼻咽喉科)
  2. 深頸部膿瘍を呈した 5 例の検討
       
    前之園美地子、井下 綾子、春山 琢男、伊藤  伸、松本 文彦、横井 秀格、古川 正幸、池田 勝久(順天堂大学附属順天堂医院耳鼻咽喉・頭頸科)
  3. 咽後膿瘍をきたした咽頭異物の 1 症例
       
    内田  淳、山田 尚宏、篠  美紀、洲崎 春海(昭和大学耳鼻咽喉科)
  4. 喉頭浮腫を来した反回神経麻痺に伴う Zenker 憩室症例
       
    望月 義也、矢部多加夫(都立広尾病院耳鼻咽喉科)

第厳押16:40〜17:30)
座長 工藤 睦男(昭和大学)

  1. 顎下腺腫瘍と思われた結核性病変の 1 例
       
    西屋 圭子、海山 智九、奥野敬一郎(財団法人東京都保健医療公社荏原病院耳鼻咽喉科)
  2. 咽後間隙に発生した神経節性神経腫の一例
       
    井下 綾子、横井 秀格、前之園美地子、春山 琢男、酒井 陽子、 池田 勝久(順天堂大学附属順天堂医院耳鼻咽喉・頭頸科)
  3. 眼窩転移をきたした肝細胞癌の一例
       
    西尾 綾子、角田 篤信、神山 亮介、岸本 誠司(東京医科歯科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科)
  4. 再発頭蓋底腫瘍に対し 2 度目の Dismasking Flap を用いて切除可能であった一例
       
    伊藤 伸、松本 文彦、藤森 正登、古川 正幸、池田 勝久 (順天堂大学附属順天堂医院耳鼻咽喉・頭頸科)

◎演者の皆様へ:

  1. 発表時間は口演 8 分、質疑応答 4 分です。
  2. 発表は全て PC で行っていただきます(ご自身の PC での発表はできません)。
  3. 演者の方は、該当群 1 時間前までに演者受付に、USB メモリーに保存したデータをご提出下さい(CD-R や DVD-R は使用できません。一部はバックアップ用もご用意下さい)。
    学会で準備した Windows コンピュータにファイルをコピーさせていただき、液晶プロジェクターにて投影いたします。
  4. 「Windows 版 Power Point 2003」で動作確認したファイルをご用意下さい。Mac使用の方は、Windows ファイルに変換して、各自事前に文字ずれ、文字化けなどの確認をしてからご持参下さい。
  5. 動画は使用できません。


年度会費納入のお願い
 只今18年度会費を徴収しておりますが, 未納の先生は振替用紙を同封いたしましたので, ご納入下さいますようお願いいたします。尚, 行き違いの節はご容赦下さい。
過年度会費未納の方で既に他県の地方部会に所属し, 当地方部会の退会を希望される方は, FAX(03-3256-3389)またはお葉書にて退会届けをご提出下さい。


第174回学術講演会演題募集

東京都地方部会例会学術講演会の発表と地方部会誌掲載に関するお知らせ
学術講演会の発表について

  1. 演題は全て E-mail(アドレスはその時の担当校・病院)で申し込み、200字の抄録 をつけてください(E-mail で申し込みができない方は担当施設へ御連絡ください)。なお、E-mail でのお申し込みは平成18年1月の第169回学術講演会から適用となります。
  2. 発表はすべて PC にて行なっていただきます(ご自身の PC での発表はできません)。
  3. 発表データ提供は USB メモリーのみとなります(CD-R によるデータ提出はでさません)。
  4. 「Windows 版 PowerPoint 2003」で作動確認したファイルをご用意ください。Mac 使用の方は Windows ファイルに変換して、各自事前に文字ずれ/文字化けなどの有無を確認してからご持参ください。
  5. 動画は使用できません。

地方部会誌への掲載について

  1. 演題名、演者名、所属施設名および抄録は地方部会誌に掲載します。
    質疑応答内容は掲載しません。
  2. 総会の講演、臨床学習セミナーについては演題名、演者名、所属施設名のみ掲載します。